2007年08月08日

『FREE』(ERIKA)「眠れる宝」俳優の音楽

 昭和中期、若手の映画スターがその出演作品とタイアップしたシングルを吹き込み、メジャーレーベルが発売していた。音楽産業が激変した今日でも、同様の販売戦略の下、俳優の音楽が次々とリリースされている。

 トップアイドル女優沢尻エリカが再び動いた。2006年、主演ドラマのタイアップ曲を役名でリリースしたが、仕上がりを急いだか、「歌手沢尻」への評価は厳しかった。自分で作詞、アートディレクションまで手がけた今作にはただならぬ気迫が見える。前作に続き作曲は、YUIの曲なども手掛けるCOZZi(福岡出身)。手堅いパワーポップナンバーで勝負し、自動車メーカーとの連動で本人出演のCMも大量オンエアされ、大ヒットを記録している。流行のゴス(ゴシックパンクの略)を巧みに取り入れたいでたちは、世間のみる「女王様」「意地悪」のイメージを自ら茶化しているのか。そうであれば、さすがとしかいいようがない。

 歌の補正技術の進歩で、俳優が歌う「それなりの使い捨て音楽」があふれている。ただその中には音楽ファンが目を向けるべき宝も眠っている。門外漢と言って無視するのはもったいない。

 (作曲家・林田恭孝)
西日本新聞
posted by yangas at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 沢尻エリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

なぜか円くなった“女王様”沢尻エリカ

“生意気姫”として知られる沢尻エリカ(21)が円くなったと評判だ。
 先ごろクランクアップし、9月公開予定の映画「クローズド・ノート」の撮影現場からも驚きの声が上がったという。この映画は沢尻が約1年ぶりに映画で主演することと、同じ事務所の先輩、竹内結子(27)と初共演することで注目されているが、2人は撮影前から冷戦状態といわれ、スタッフはピリピリ。
「撮影は4月下旬からスタート。当然、後輩の沢尻が竹内の楽屋を訪ねて挨拶するのが礼儀なのに挨拶はおろか、ほとんど口も利かない日々が数週間続いた」(映画関係者)
 そんな沢尻が変わったのは撮影が始まって約1カ月後。突然、竹内の楽屋を訪ねたという。
「ADから事情を聴いた映画関係者が緊張して楽屋に駆けつけました。しかし、中から聞こえてきたのは2人の笑い声で、なんと沢尻が母親直伝の手作りクッキーを竹内に届けたんです。甘いものに目がない竹内は本当に喜んでいた」(関係者)
 沢尻が当初、竹内に話しかけなかったのは役作りに迷いがあったからだそうで、この一件以来、2人は姉妹のように仲が良くなり、撮影が終わると一緒に食事に行ったりもしている。9月に沢尻のラジオ番組で共演することも約束したとか。
 最近の沢尻は長澤まさみとラジオで共演し、米倉涼子と交流していることでも有名。心境の変化は「“生意気”というレッテルに嫌気が差し、女優、歌手としてやりたいことが見つかってツッパっていることに飽きたのも一因」(芸能プロ関係者)といわれている。
 さらに、8月に長期の夏休みがもらえることも機嫌がいい理由とか。沢尻が少し大人になったことだけは間違いない。
日刊ゲンダイ
posted by yangas at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 沢尻エリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

確固たるエリカワールドに思わずうなる! 沢尻エリカがYahoo!ライブトークに出演

写真集『 ERIKA 2007 』をリリースする沢尻エリカがYahoo!ライブトークに登場した。

パーソナリティー・山本しゅうの高いテンションに引きずられるかと思いきや、自分のテンションを維持したままで番組は進行。ただし、その沢尻エリカたるアイデンティティを基にしたコメントの数々には、“さすが沢尻エリカ様っ!”と、思わずうなってしまうものばかりであった。

番組での発言を一部抜粋する。


─── インターネットとかパソコンは?
「んー、まぁ、人並みに。」
─── ブログとか?
「自分ではやってないですね。機会があればやりたいなぁとは思います。」
─── やってないですよね。探しました(笑)。やったらえらいことになりますよ。ベールに包まれている感じとかあるじゃないですか。
「そうですか? でも普通に原宿とか、普通に街の中歩いてますよ。全然気づかれない。」


─── 今日のお召し物は、可愛らしい帽子が。帽子のコレクションとかあるんですか?
「コレクションというか、被るのが大好きなんです。帽子だったりとか、頭の飾り物とか。なんか好きなんですよね。」
─── フランスの血が流れていますからね! フランスというと、こういう、頭の飾りがすごい感じがするんですけど(笑)


─── 今回の衣装はスタイリストさんが? 仲いいんですってね。
「うちのチームはずっと昔からやってますんで、みんな仲いいですよ。」
─── 今回の衣装はどんなイメージで?
「んーー、なんでしょうね(笑)。今日はどんな感じ?(とスタイリストに確認) でも最近こういった感じの、ブーツに帽子にワンピースってのが多いです。」
─── ブーツですかそれっ!! ちょ、ちょっと立ってください。
「立つんですか?(笑) 今年はエナメルが流行ってるから、エナメルブーツを」
─── あー、言っちゃいましたね。これから世界中で流行りますよ。エナメル。
「はい(笑) エナメルをよろしくお願いします。」


─── (飼っている)犬は、元気ですか?
「(笑)はい。」
─── 増えました?
「増えてないです。」
─── なんちゅう名前でしたっけ? 可愛らしい名前やんね。
「ポチ。」
─── あ、普通やね。すごい普通やん(笑)



また、Yahoo!ライブトークに寄せられた視聴者からの質問にも答えていった。


─── 好きな俳優は?
「 うーーん、誰だろうなぁ 。」
─── ゲイリー・オールドマンです!
「(笑)そうですね。好きですよ。あの、『レオン』とかもすごい好きだし。」
─── どこがいい?
「…渋い、カッコイイところ。」
─── “渋い、カッコイイ”が好きですか。“おこちゃま、カワイイ”はダメですか?
「(笑)なんでしょーね。そのおこちゃまっていうのは。」
─── 要するに、こう、アイドルっぽーい感じ。
「あー、どうなんでしょうね。」
─── やっぱ年上の渋い感じがいい?
「そうですね。すごく、うーん、カッコイイと思うんですけど。」
─── ワイルドな感じ?
「なんなんでしょうね。」
─── いかついようで、包容力がある。
「ふふっ(笑)。えー、なんでしょう。」
─── ロープ、ロープ。そういう時に“ロープ”って言うんですよ(笑)


─── よく人差し指に指輪をしてますが…何号ですか?
「何号なんでしょうねー。自分ではわかんないです。」
─── いわゆる“ウィンナー・ソーセージ”くらいですよね(笑) はい、ロープ。


─── 最近の日本映画はどうですか? ってきた! どうですか? はっきり言って、エリカが盛り上げてるわけですよ。でも、全体的にはどうですか? 役者する前と比べて。…あんま、見る暇ないか?
「あんま…」
─── 洋画ばっかり?
「そうですね。あんま見てな…」
─── ロープ! ロープ!!
「(笑)」


─── 朝起きて、一番に何しますか?
「えとー、まず、音楽つけます。ロックかハウスかジャズかボサノヴァ。その日の気分で。」
─── 確か…『 ホテル・コスト 』ね。聴いてますか、今も。
「聴いてますよ。」
─── めっちゃいいっすね! よくお見つけになりましたね。


─── 沢尻さん、もっとテレビに出てほしいです。
「出ますよ。プロモーション時期なんで。これから、バラエティとか。」
─── バラエティ出ますか? お笑いとかどうですか?
「見ないですね。お笑い。」
─── うっそ! 今、お笑いブームが来ているというのに。
「そうなんですか? 私、テレビ見ないんですよ。」
─── あー、いいですねー。なんか“ハイブリッド系”って感じですよね。時代が呼んだ、女優って感じです。わかんなくていいです。

─── ちっちゃい時から、ママとはしゃべれるタイプでしたか? ママが理解者?
「そうですね。してくれてるんじゃないですか。」
─── ちゃんと聞いてくれますか? なんでも。
「や。なんでもお互い言います。似たような性格なんで。似てるところも多いから、もちろんぶつかる時もあるし、でも、何でも話しますよ。」
─── お母さんにしたら悔しいやろうね。“ホンマにー、いいか悪いか知らんけど、私に似てる!”っていう。私と戦ってるようなもんだろうね。
「(笑)どうなんですかね。」
─── お兄さんとも、結構バトリング(バトル)とかしましたか?
「今でもたまに、怒られたりしますよ(笑)」
─── お兄ちゃんに怒られる!?
「ありますよ(笑) 怒るっていうか、“お前、それ、違うんじゃない?”とか言われると、“あぁ、確かに”って思うんですよね。」
─── あ、素直やん、そこは。
「うーん。確かに。」
─── そうやって素直に聞けるところが、なんか年齢より大人な感じしますね。よく言われませんでした? “大人っぽいなぁ”って。
「そんなことないですよ。…スッピンとか童顔だし。」
─── スッピンとか童顔!? ああ、そう。いやー、いいじゃないですか。それはもう、ほら、好きな人のためだけに取っておいて。このギャップがまた、たまらんからね。男子は。…ロープ。
「はい。」


─── 安室ちゃんが好きで芸能界に入ったそうですが、どの歌が好きですか? いっぱいあるわ。難しいなぁ。“きゃにゅせれぶれ〜い♪”好きでしょ?
「(笑)もちろん大好きですね。あと「Don't Wanna Cry」とか。」
─── カラオケとか行くの?
「行きません(即答)」
─── 嘘? 行かへんの? 友達とかとそんなノリにならへんの?
「ないですね。」
─── あなたが行かないから?
「はい。」
─── 歌わないの?
「歌わないですね。」
─── もったいないですねー。ハイブリッド系です。まさに時代のニュータイプ。


─── フランスに去年、ひとりで行ったでしょ? どうでした?
「まぁ、“一人旅”って感じでした。」
─── “一人旅は二人旅”ですよ。
「なんでですか?」
─── もうひとりの自分と、めっちゃしゃべるでしょ?
「あははは(爆笑)。」
─── もうひとりの奴、めっちゃしゃべるでしょ?
「いやー、どうなんでしょうね(笑)」
─── 日本におったら、友達とかおるでしょ? でも一人旅だと、自分の気持ちとしゃべるでしょ?
「うーん、どうなんでしょうね。でも東京でも一人が多いですよ。」
─── もう、すぐ連絡してよそれだったら!(笑) でも、聞くところですと、結構いい、おしゃれな連中が泊まるホテルにいつも泊まるんでしょ?
「コーストですか? もちろん。」
─── 一人で?
「ひとりで泊まりましたね。」
─── ラウンジでも一人?
「ラウンジでも一人でしたね。」
─── 声かけられるじゃないですか。
「かけられないですよ(笑)」


─── 写真集の発売、楽しみにしています。衣装を選ぶ上でのこだわりとかありますか?
「こだわり。本当にかわいい服なんていくらでもあるし。やっぱり直感っていうのがすごく重要で、“今日、これ着たい”っていう。“この場所で、このシチュエーションで…これだ!”ってのがあるんですよ。それを見っける。」
─── 見っける。
「そう。あるんですよ、“今日、これだ”っていうのが。」
─── 今回の写真集、なんとトータルプロデュースを自分でやられたという。
「何ていうんだろ、まぁ、“やりたいことをやる”というか、たまたま20歳最後で、何か残したかった、役者ではない沢尻エリカの一面を。だからやりたいことをやった。そういう感じですね。」
─── スタイリストさんもラッキーですよね(笑) “ロケーションあそこ!”って言ったら“私も行けるの?”“当然!”みたいな。
「だからすっごい楽しいですよ。夜はもうね、日が暮れちゃえば終わりなんで。」
─── わー、夜の撮影とかあるで普通。サイパン3日間でガーッみたいな。
「大変ですね(笑)。」
─── 写真集は何冊め? てかトータルプロデュースって初でしょ?
「そうですねー。“トータルプロデュースって言い方もどうなの?”って思いますけど(笑)」
─── ちょっと待って! そういう説明を受けてるんですけど(笑)
「そうですよね(笑)。でも、私的には、あの、自分のやりたいことやってったっていうだけなんだから。ま、いい記念ですよね。」


沢尻エリカの写真集『ERIKA 2007』は、8月29日リリース。また、Yahoo!ライブトークでは、近日中に今回のダイジェスト映像を公開予定だ。

BARKS

posted by yangas at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 沢尻エリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。