2007年04月26日

兄弟愛を軸にした感動作『手紙』

リサイクル工場へのバス。最後部座席に、野球帽を目深に被った武島直貴の姿がある。誰とも打ち解けないこの青年には、人目を避ける理由があった。兄が、直貴の学費欲しさに盗みに入った邸宅で、誤って人を殺してしまったのだ。自分を守るために罪を犯した兄から届く、月に一度の手紙。やっと巡りあえた女性との愛を守るため、直貴が最後に出した手紙とは――?

ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」、「白夜行」の名演で話題を独占し、『そのときは彼によろしく』の公開を控えている山田孝之、『逆境ナイン』、『フリージア』の玉山鉄二、そして「1リットルの涙」、『シュガー&スパイス 風味絶佳』で人気を不動のものにした沢尻エリカと、旬の実力派が出演している『手紙』。大反響を呼んだ東野圭吾の感動小説を原作に、小田和正の名曲「言葉にできない」が挿入歌としてドラマを盛り上げる。(cinemacafe.net)
posted by yangas at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 沢尻エリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。